撲殺メンソール

アクセスカウンタ

zoom RSS ネコマティ、去勢をする

<<   作成日時 : 2017/11/23 11:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今現在、我が家には二匹の猫がおり、一匹はバクシンオーと言う名前のオス(一歳)でして、性格は臆病にして慎ましやか、気の遣い屋さんで「もっと傲慢になりなさいよ」と言いたくなる茶色の猫です。

画像


かわいいですね。

画像


かわいいです。

そしてもう一匹、ネコマティ(本名:ウォーレン・リビングストン・ネコマティ)と言う名の生後6ヶ月の暴れん坊がいるんですが

画像


どぎついですね、どぎついです。

画像


なんでしょうねこれは、ちょっと言葉が見つからないです。
ちなみにネコマティがうちに来た当初はこんな感じでした。

画像


かわいいですね、どうしたんでしょうか、ネコマティらしくないですね。
二人は初対面から喧嘩をすることもなく仲良く過ごしており、6ヶ月の時間を共に過ごしてまいりました。

画像


画像


画像


徐々にでかくなっていきますね、生命の神秘を感じます。
で、ここからが本題なんですが、昨日、ネコマティの去勢手術をしてきたんですけど、家に帰ってきてからがもう、ずっとビンビンで腰を振りまくっていました、一体どう言うことなんでしょうか。
去勢手術前のここ数日、ネコマティがちょっとバタバタしており、あれ?サカっちゃってんのかな?っていう感じだったもんで、慌てて手術して来たって言う経緯もあるんですけど、手術が終わってからの方がお盛んで、ああ、きっと一度サカリを知ってしまったからなのかな、とも思うんですが(バクシンオーもすでに去勢済みなんですが、バクの場合はサカリを知る前に手術したので)それにしてもすごいです、撮り溜めた陸王を見てグスグス泣いてる横でバラの蕾みたいなやつをむき出しにしてウーウー唸っては腰をガン振りします、やめてくれ、役所広司の名演技が台無しだ!
ここから徐々に落ち着いていくのかな、とは思うんですが、去勢手術の料金がなぜだかバカ高くて、バカ高かったのに一体どう言うことなんだ感が物凄いんですよね、損したまでは言いませんけど、だったら男のままでいさせてあげたかった感がふつふつと湧き上がってくるほどで、俺ばっかりごめんって気持ちになります。
と言う、なんのこっちゃない報告です、以上です、仕事する前の滑走路としてブログ書いてます、さようなら。


画像


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネコマティ、去勢をする 撲殺メンソール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる